離乳食の食材 選び方

離乳食の食材が赤ちゃんの健康の土台となる

今すぐご確認ください。
ここなら安心できる離乳食食材が入手できます!

 

安全な離乳食食材の入手先2017最新情報へ

 

赤ちゃんがオッパイやミルク以外にはじめて摂る食事、それが離乳食です。

 

離乳食期の赤ちゃん

離乳食は食べるためのトレーニングである同時に、赤ちゃんの体をつくる土台ともなりますから、食材の質にこだわりたいですね。

 

ところで、離乳食の食材の質は、安全性と栄養価で決まります。

 

安全性と栄養価の高い食材で赤ちゃんの体の基礎をつくってあげれば、免疫力も体力もつき、肌ツヤの良い健康的な子に育っていくことと思います。

 

逆に、まだ消化能力や解毒能力が未熟な乳児に安全性の心配な物を食べさせると、大人の何倍もの健康ダメージを受けることになります。

 

そんなに神経質にならなくてもいいのでは?と思われるかもしれません。

 

確かに一昔前までは神経質になる必要はありませんでした。ところが現在の赤ちゃんを取り巻く環境はいかがでしょうか?

 

身の回りには有害化学物質があふれかえっています。関連記事:日常生活に潜む毒一覧

 

そのため子どもの間で急増しているアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、喘息、発達障害なども、食品添加物などに含まれる有害化学物質が一因となっているとも言われています。

 

ですから、神経質になりすぎてもいけませんが、まったくの無関心では後から親子で後悔することになりかねません。

 

では、赤ちゃんの健康や成長を守るために離乳食の食材選びではどんなところに気をつけたらよいでしょうか?

 

離乳食の食材選びの7つのカギ

安心な離乳食食材を選ぶために以下の7つのカギを意識しましょう。

 

固さが適当か?

赤ちゃんはまだ歯がないため、そしゃく段階にあった固さの食べものでないと消化不良になったり誤嚥の原因になったりします。

 

加熱をしているか?

赤ちゃんは細菌に対する抵抗力がないため、きちんと加熱して殺菌した食べ物でなければ食中毒の原因となります。これは調理器具に関してもあてはまります。基本的にヨーグルトや一部の果物を除いて生ものはNGです。

 

注意する食材:生卵、半熟卵、温泉卵、刺身、ゼラチン、黒砂糖、はちみつ(1歳ごろまでNG) など       

 

塩分が多すぎないか?

赤ちゃんは腎臓の機能が発達していないため、余分な塩分を体外に捨てることが十分にできません。そのため塩分の多い食べ物が腎臓や消化管に負担をかけてしまいます。

 

注意する食材:市販の卵豆腐、味付け卵、魚すり身、塩鮭、ししゃも、ほっけ、鮭フレーク、桜でんぶ、はんぺん、ちくわ、かまぼこ、するめ、魚みりん干し、たらこ、いくら、のり佃煮、市販の漬物、カップスープ、カップみそ汁、カップめん、冷凍ギョーザなど

 

タンパク質は成長に合わせて

タンパク質は炭水化物と比べても消化に手間がかかり、とりすぎると腎臓にも負担がかかります。それでも成長に不可欠な栄養素ですから成長に合わせた摂取が大切になります。

 

脂肪が多すぎないか?

脂肪が多すぎることは赤ちゃんの消化機能にとって大きな負担になるようです。過剰な摂取は下痢になったり、胃もたれや嘔吐の原因になることも。

 

注意する食材:銀ダラ、ねりごま、ピーナッツバター、レトルトカレー、冷凍ピザ、冷凍から揚げ、マーガリン、カレールー、フライドチキン、フライドポテトなど

 

誤嚥の心配はないか?

誤嚥とは、口から入れたものを誤って気管に吸い込んでしまうことで、赤ちゃんの場合は食べ物を詰まらせてしまって窒息することがあります。誤嚥につながりやすい食品は避けておいたほうがよいでしょう。

 

注意する食材 : もち、白玉だんご、いりごま、ナッツ類、干しいも、こんにゃくなど

 

有害物質が含まれていないか?

赤ちゃんの解毒能力は、大人よりもずっと未熟です。放射性物質、残留農薬、危険な食品添加物などの不安のあるものはできる限り避けましょう。きちんと検査が行なわれていることが明らかなものを選びましょう。

 

離乳食にピッタリ!安心食材をお値打ち価格で入手する方法はこちら