赤ちゃん 病気 毒

赤ちゃんは大人よりずっと毒素に弱い

親の皆さんにとって何よりも願うこと、

それが赤ちゃんの健康ではないでしょうか?

 

赤ちゃんは驚くべき能力や才能をもって生まれてきます。それでも、その才能を100%発揮するためには、やはり健康が不可欠です。

 

そして、子どもが病気になることほど、親にとってつらいことはありません。

 

赤ちゃんの苦しそうな顔や痛々しい様子を見るたびに、親としては自分のことのように苦しくて、できることなら代わってあげたいと強く願うものです。

 

それなのに・・・

 

それなのに多くの人が大変な間違いを犯してしまいます。

 

それは、アレルギー症状や喘息など重い病気の症状が表れてから、対処しようとすることです。

 

病気のスタートは、そこではありません。赤ちゃんが体内に毒を取り込み始めたときからが病気のスタートであり、何も気づかずに放置しておくと、それが進んで症状としてあらわれてしまいます。

 

ですから、赤ちゃんの健康を何より願う親が取り組むべきなのは、今このときからの毒対策といえます。

 

 

ところで、毒と聞いて何をイメージされますか?

 

もしかしたら、一口飲んだらすぐに命を落とすような猛毒を思い浮かべるかもしれません。それらは急性毒性といわれますが、このサイトで取り上げる毒はそのようなものではありません。

 

人間の体の中に蓄積されていき、徐々に健康ダメージを与えていくような毒について解説しています。(慢性毒性と言います。)

 

こちらの毒は、急性毒性のように直ちに生命を脅かすようなものではありません。

 

それゆえに油断してしまいがちなのですが、慢性的に取り入れる毒がアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、小児喘息、アレルギー性鼻炎、発達障害などにつながると言われています。

 

これらの疾患や障害をもつと、直接的に生命の危険はなくとも、親子にとって生活がとても大変で苦労の多いものとなってしまいます。

 

アトピーの子どもを抱えて生きることに疲れ、何度となく自殺を考えるお母さんもおられるほど、生活の質が脅かされます。

 

社会に蔓延する毒は大人の健康にも有害ですが、赤ちゃんの場合は大人の何倍もダメージを受けます。

 

なぜなら、毒を無害にするための体の器官は肝臓ですが、子どもが大人と同じような肝臓の解毒能力をもつのは8歳ごろだからです。

 

つまり、大人にとっては毒にならないものでも、赤ちゃんの場合は解毒できないために、体内を循環し蓄積されて体にダメージを与えていくということです。

 

離乳食にピッタリ!安心食材をお値打ち価格で入手する方法はこちら