離乳食コラム

離乳食の初期の注意点

赤ちゃんの離乳食には様々な注意点があります。
いつから離乳を開始すればいいのかを知らなくてはなりませんし、どのような離乳食を与えればいいのかは時期ごとに異なります。

 

離乳初期について学ぶ必要がありますね。
離乳食を始める時期は5か月からや、歯が生えてきたらと言われていますが、必ずしも守らなければならないものではありません。

 

5か月ごろを過ぎたら、赤ちゃんの様子を見ながら離乳食を始める時期を決めます。

 

離乳初期は、母乳以外の味や感触を覚えることや離乳食を飲み込むという動作を覚えさせることがポイントです。
離乳食を何度も与える必要はないので、回数は一日一回で充分です。

 

また、赤ちゃんが母乳や粉ミルクを飲みたがることがありますが、赤ちゃんの希望通り飲ませてあげるようにしましょう。

 

母乳は消化のよい最高の栄養食です。赤ちゃんの未熟な胃腸には母乳が最適です。

 

しかし母乳は母親の食事内容によっては栄養が不足してしまうこともあります。ずっと母乳を続けるのもデメリットがあるのです。

 

初期の離乳食はどのようなものを作ったらいいのかという点についてですが、生後五・六か月の赤ちゃんはまだ口の中の物を飲み込むことしか出来ないので、早くても遅くても、離乳食の初期にはおかゆなどをすりつぶしたドロドロ状になったものを与えます。

 

母乳以外の初めての味、そして乳首から吸うのではなくスプーンから吸うという初めての行為に拒絶反応を示す赤ちゃんがほとんどです。
離乳食の初期は栄養摂取というよりも、食事に慣れさせるという重要な時期です。

 

赤ちゃんが上手く飲み込めるように、できるだけなめらかで均一になるように作りましょう。

 

慣れてくると量を欲しがるようになり、柔らかく煮たご飯部分も与えます。

 

離乳開始から一か月過ぎたあたりからは一日二食に増やし、野菜を煮てすりつぶしたものなど胃腸に負担をかけないドロドロ状態のものを与えます。

 

おかゆから煮た芋をすりつぶしたものなどレパートリーを増やしていきます。

 

最近は食物アレルギーの子供も増えているので、早めに発見するためにも食材は一つずつ加えて様子を見ていきます。

 

離乳食を始めて食べ物を咀嚼することによって脳の発達を促進します。

 

初期の離乳食に慣れたら、次第に柔らかい固形物を与えて咀嚼の練習を始めます。

 

離乳食の量を欲しがるようになりちゃんと食べることができているならば、栄養が十分摂取できるようになっているので、母乳をやめることができるのです。

 

離乳食にピッタリ!安心食材をお値打ち価格で入手する方法はこちら

離乳食コラム記事一覧

離乳食初期はママもがんばって手作りして、上手に食べてくれるようになることを願っている人は多いと思います。ですがせっかくがんばって作った離乳食を食べてくれない、ということも珍しくありません。思うように食べてくれないと、イライラしたり疲れてしまったりということもあるでしょう。離乳食初期は、赤ちゃんが生まれてから初めてミルクやおっぱい以外のものを口にするという未経験の世界です。食べられなくても仕方がない...

母乳やミルクのみで栄養補給を行っていた頃と違い、初期の離乳食を始めてからは毎回の食事の支度に頭を悩ませるお母さんが多いでしょう。そんなときは離乳食初期の頃に非常に役立つグッズやアイデアを駆使して、楽しく子育てをすることが食育の第一歩へとつながります。まずは離乳食初期に大変役に立つグッズですが、これはフードプロセッサーやミキサーなどの食材を簡単に刻むことが出来るグッズです。おかゆや野菜、肉類などを進...

赤ちゃんが生まれ、5ヶ月位したら意識するのが、離乳食です。生後6カ月頃を目安に離乳食を始めると言われていますが、赤ちゃんが大人が食べているものに興味を示し始めたり、スプーンを口元に近付けると口をあけるようになった頃もひとつの目安と言われています。ですからタイミングとしては5ヶ月から6ヶ月位の間に始めるのが理想とされています。赤ちゃんが生まれてから初めてミルクやおっぱい以外のものを口にするのが離乳食...

離乳食初期の段階でも、10倍粥が食べられるようになったら、フルーツもあげてみましょう。果物は、果糖の甘味があるので、赤ちゃんでも喜んで食べてくれることが多い食材です。離乳食初期であげられるフルーツと言えば、やはりバナナやりんごですね。ただし、バナナはアレルギーが出ることがあるため、一番最初はりんごから試してみましょう。離乳食初期のりんごの与え方は、すりおろしたり、果汁を絞って飲ませるというのが一般...

離乳食を始めて、3週間から1ヶ月ぐらいたったら、たんぱく質の食材を取り入れていきます。たんぱく質と言えば、肉から摂取することが多いですが、離乳食初期では肉は厳禁です。もちろん、肉のたんぱく質も、人間に必要なものですし、しっかりとした栄養成分です。だけど、赤ちゃんの消化器官の機能は、肉を分解して栄養にするという段階まで成長していません。ですから、離乳食初期のたんぱく質は、豆腐、白身魚、豆乳などから摂...

離乳食初期の糖質メニューと言えば10倍粥です。でも、そればっかりだと飽きてしまうので、じゃがいもから糖質を摂るのもオススメです。じゃがいもは、いろんな調理法がありますが、離乳食初期はまずはペーストから与えてみましょう。じゃがいもペーストのつくり方は、まずはじゃがいもの皮を剥いて、1cm角に切ります。このじゃがいもと水を鍋に入れて、竹串が通るまでしっかり茹でてください。茹だったら、ミキサーなどでペー...

離乳食初期のタンパク質メニューとして、とても便利なのがヨーグルトです。ヨーグルトは乳酸菌も豊富なので、赤ちゃんの消化機能をサポートしてくれます。ですから、離乳食初期のヨーグルトは、与えても何の問題もありません。また、ほとんどの食材は加熱をするのが必要ですが、ヨーグルトは加熱をしなくてもあげられます。ただし、冷蔵庫から出してすぐだと、冷たすぎると感じるかもしれないので、ちょっと時間をおいてからにする...

離乳食初期のメニューの基本は10倍粥です。でも、もちろんお粥ばかりあげていたら、離乳食は進められません。いろんな食材の味や食感を覚えていかなくてはいけないので、少しずつ、食べられる食材を増やしていく必要があります。メニューの増やし方は、まず1つの食材をスタートすることから始めます。同じ食材を1日小さじ1杯あげて、問題ないようなら1杯ずつ増やしていきます。何も問題なく、小さじ3杯食べれるようになった...